So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

異様な空気の中で、横浜 [社っ長ょぉ~の溜息]



002-01.jpg


2年連続時期を同じにして会社のドラセナ・マッサンゲアーナが花を咲かせています
見ごろ嗅ぎ頃はどうやらこの3連休中だったようで花の半分は萎れ状態ですが
夕方になるとあとの半分の花弁が開いてあの香りが部屋中に充満します


幸福の木ドラセラが花を咲かせると良からぬ事が起こるというのは迷信
現に昨年購入後10数年で初めて咲いた時は何も問題は起きませんでした
ところが今回はどうでしょう、ドタバタで始まった2020は言わずもがな大騒動の渦中
やはり開花は不吉な出来事と繋がりがあるのでしょうか


006-001.jpg


異様な空気に包まれる横浜、いつも満員の帰宅時の電車がやけに空いてます
しかも乗客のマスク装着率がほぼ100%に近い状態の車内はちょっと気持ち悪い
皆さんどこでマスクを手当てされてるんだろうかと素朴な疑問が浮かびます
テレワークとやらの影響でこうも通勤客が激減してしまったんでしょうか


エレベーターのフロア・セキュリティがかかりっぱましでボタンが反応しない昨朝の出勤時
必ず誰かしらいるはずの我がフロアに人っ子一人いない気持ち悪さ
出社を控え皆さん自宅待機のテレワークなのかと思いきや徐々に人の気配でひと安心です
が、やはりここ2週間が勝負なのだと言い聞かされているようで余計プレッシャーがかかります


005-001.jpg


夜の中華街から完全に人影が消えてしまったのだと事情通から聞きました
そう言えば昼食で時々訪ねるすし屋でさえ閑古鳥が鳴き続けていて
インバウンド頼みがこれほどまで浸透していたのかと再認識してしまいます
孤高の何とかやらで紹介され連日大行列だった店も今や開店休業状態か?
すわっ、今がチャンス!と振り絞る勇気すら沸いてこない異常事態の横浜です


米国に住む息子家族を訪ねて戻った義妹が何とか調達してきたマスクが手元に届き
花粉症の妻には心強い援護射撃となるも先が見えないだけに不安は拭えません
踏ん張りどころの2週間とやらをスタッフ全員本日から車通勤に変えて凌ぎます
これぞ究極の個別防御対策なのか、あとは事務所への強力空気清浄機導入を待つのみです


nice!(19)  コメント(8) 
共通テーマ:blog

極北のハッピー・ニュー・イヤー [旅の抽斗]



3K8A4499-1.JPG


3食ブッフェスタイルにも少々飽きてきたし大晦日ということもあって
レストランで個別にまったりと2019年最後の夕食を摂ったあとは
船上デッキで催されるニューイヤー・カウントダウンへ備えるため部屋で小休止です
もちろん、オーロラ出現予報の情報収集には余念がありません


レストランの入り口付近に生簀があって大きく立派なたらば蟹が4匹いました
これを使った料理が食べれるということで記念に予約してみたものの
よくあるメニューと実物の違いを北極圏までやってきて味わう羽目となりました
それでもブッフェ大食堂の喧騒から離れゆったり・マッタリの2019最後の夕食でした


3K8A4490-1.JPG


新年カウントダウンを盛り上げようとこの夜限りでオープンしたデッキ・バー
部屋の天井から引切り無しに聞こえてくる足音の数でもその様子は想像できます
22:30頃2020新年を祝うため暫し停泊地となるSTOLMARKNESに到着
N 068°34,5  E 014°54,2
新年の到来と共に鳴り響く汽笛を合図に町のあちこちから花火が上がります


3K8A4494-1.JPG


花火用に準備したわけではなかった撮影設定は思わぬところで役立ちました
がしかし、オーロラベルト最初の、そして新年初オーロラ鑑賞とはいかず
曇り夜空に映える小振りの打ち上げ花火を眺めながら5日目へ希望を繋ぎます
ノルウェイでのオーロラ遭遇チャンスの時間帯は22時から0時辺りまで
紅白も年越し蕎麦もなく迎えた異国での新年、ここいらで潔く就寝と決め込みました


======================================


さて、栄えある?1,000号記事は船上で迎える2020年でした
第一号は遡ること2011年7月14日
およそ8年と半年で辿り着いた節目
いつまで続けることができるのやらですが、のんびりとやっていきます
これまでのご訪問誠にありがとうございました。
そして、今後ともどうぞよろしくお願いします。

nice!(19)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

オーロラ・ベルト突入 [旅の抽斗]



3K8A4451-1.JPG


2時間以上の遅れでの出航でしたがほぼ定刻でBODØに到着
何処でどのように取り返したかは知る術もありませんがこれで出航時の不安も払拭されました
およそ二時間の停泊時間内で町の散策をしてみました
埠頭から町の中心部まではおよそ1㎞の比較的楽な散策コースとなります


3K8A4470-1.JPG


近代的建築物が立ち並ぶ?
至って極北の静かな田舎町という雰囲気しか漂ってこないのですが
それにしても人っ子一人歩いていないうっすら雪化粧のボードー
こうして交差点のど真ん中に突っ立って撮影しても大丈夫でした


3K8A4471-1.JPG


なるほど、こういう事だったのかと歩を中心部へ進めると極北らしからぬ風景が
でも、やっぱり人っ子一人として地元住民を見かけることがはありません
それでも器が器だけに季節到来ともなればそれなりに賑わうこと間違いなし


3K8A4473-1.JPG


このランチワゴンにも行列ができる週末や祝日はこの極北の町にも必ずあるはず
相変わらずどんよりとした空模様の下では一段とカラフルさが引き立ちます
モノトーンの世界に色を差し込むことの効果はこうしたところからも参考になり
ニッポンのシニア達にも少しはイタリア人のような色使いのセンスを持って欲しい、なんて


3K8A4476-1.JPG


確かめたわけではありませんが、恐らく世界で一番北にある店舗ではないのか、と
ただでさえヨーロッパでは見かけるが珍しいこのお店、あるんですね
もちろん、24時間営業論争なんて微塵とも沸き起こってはこないはずの極北です
日本では消滅の危機に迫られるおでん鍋は結構受けそうな気もするのですがね


3K8A4479-1.JPG


ショッピングセンターなるものをチラ見しましたが特段買い物もなく
町の外れまで行って来た道を再び戻り我がシップ、トロルフィヨルドへと帰還です
夕食までまだまだ時間があるので劇場で催されるバイキングとは何ぞや講義に参加
乗船客を退屈させないよう色んなカリキュラムが組まれていました


3K8A4483-1.JPG


食事風景のショットが一枚もない、そういうご指摘を受けそうですが
人の映り込み処理が面倒なのと写真写りがいただけない色調の料理の数々だったので
敢えて本編シリーズでは食事風景をご紹介しておりませんので悪しからず
それよりメジャー客であるドイツ人の迫力ある食事風景の方へ関心が集中する旅なのでした


nice!(18)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

船上のニューイヤーズ・イブ [旅の抽斗]



3K8A4398-1.JPG


船乗りの守り神が本船上に降臨し、北極圏での船旅の安全を祈願してくれる
そんなセレモニーが大晦日の朝のデッキで催され大勢のギャラリーで賑わいました
北極線通過時刻当てクイズの申し込みが前日夜にあり、見事一番近い回答をした乗客が
船長による栄えある通過儀式の「餌食」となるのでした


3K8A4430-1.JPG


北緯66度33分、トロルフィヨルド号は無事北極線(Arctic Circle)を突破します
守り神のパフォーマンスのあとクイズ優勝者が船長のもとへと呼ばれ
ここで船長から柄杓で氷水を背中へたっぷりと注がれ手荒い祝福を受けます
ショットグラスも手渡され、シャンパンではなく確かアザラシの肝油だったかと


3K8A4432-1.JPG


お昼前だというのに乗客の手にはもうシャンパングラスがしっかり持たれ
日の出午後0時、日の入り午後1時という極夜の世界で迎える大晦日を祝います
冬至を過ぎたばかりなのではしりではありますがどんより曇り空が極夜に拍車をかけてました
デッキで撮影を続けていると北極圏最初の寄港地オルネス(Ørnes)が現れます


3K8A4390-1.JPG


険しい岩山とホッコリとした町の灯りが好対照のオルネス
極夜のおかげで夜さながらのライト・オン状態です


2019-2020 Norway-iPhone 039-1.JPG


ググっと迫りくるド迫力の岩山とのコントラストが何とも言えません


3K8A4392-1.JPG


ものの10分程の停泊時間ではありますが地元住民への大切な物資と郵便輸送の使命です
デッキを右往左往しながらの撮影でしたが眼前に広がる風景にシャッター音が鳴り続きます


3K8A4434-1.JPG


降り続いた雨も儀式の間に止み、時折雲から覗く晴れ間に希望の一筋が見えたような気がしました
北極線を通過するとまもなく船はオーロラベルトと呼ばれる一帯へと入ります
条件がすべて整うという状況でこのベルト地帯でのオーロラ出現率はグンと高くなるのです
出現予想は船の航路と共に24時間船室内TVモニタで写し出され気分を煽るのでした


3K8A4418-1.JPG


そうこうしてる内に、船はさらに北へと1度弱進んで探索寄港地のBODØ(ボードー)へ
北極圏とは思えない近代的建物が並ぶ町として知られているようです
ここで私たちも再び鈍り始めた身体に鞭を入れるべく個別に町へと繰り出すことにしました


nice!(20)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

北極圏の手前で [旅の抽斗]



2019-2020 Norway-iPhone 032-1.JPG



結局、乗船三日目にしても雨止まずの天候が続きますが
身体は相当鈍ってきてましたので、意を決してノルウェイ第三の街へ
フロントデスクで傘を借り横殴りの雨の中、Trondheim(トロンハイム)中心部を目指し
他の乗客と共にいざ出陣するも、オンボロ傘は全く役に立たずでした


3K8A4374-1.JPG


埠頭から徒歩でおよそ20分、人口19万人の街の中心部に辿り着きます
小降りとなったもののお昼近くだというのに広場はこのとおりです
寒さはさほど感じませんでしたが別な意味でちょっと寒かった気がしますが
これが北欧ならでわの真冬の情景、かと思えば徐々に心も慣れていきました


3K8A4370-1.JPG


途中にローカルな銀行があったので小銭だけでも両替をと入店します
$100だけ差し出したところ手数料が50クローネかかるけどよろしいかとの質問
日本円レートでは1クローネ=15.5円のレートとなり手数料もかなり割高です
前にも書いた通りクレカだと実際に12.6円でしたからもはや現金は用無しとなるノルウェイ


3K8A4378-1.JPG


地元銀行初体験のあと目指すはこの街のランドマーク的存在であるニーダロス大聖堂です
内部の撮影はNGだったフランスやイタリアとは正反対の飾り気がなしの尊厳さが漂う教会
着席してしばし祭壇を見つめながら思えば遠くへ来たもんだとふぅ~とため息の再認識でした
隣接するショップでトイレを拝借して小雨降り続く復路につきます


2019-2020 Norway-iPhone 033-1.JPG


クリスマスの余韻が少しだけ残る街中でノルウェイならこれを買わなきゃと
地元産DALEのセーターを求めてセール中のショップで道草です
独特のNorge柄はスキーの時にも長年お世話になっているお馴染みです
免税手続きはいたって簡単、そして払い戻しも5日程ととても親切なシステムでした


2019-2020 Norway-iPhone 029-1.JPG


中央駅までくれば埠頭まであと1.5㎞というとろでしたが雨脚が再び強くなり
体力も消耗しかけていたのでやむなくタクシーの援けを受け船へと戻ります
日本なら初乗り運賃圏内のところノルウェイではなんと、143クローネ!
駅前には暇を持て余したタクシーがいつ来るか分からない出番をひたすら待っていたのでした


3K8A4383-1.JPG


14時前に再び出港した我がトロイフィヨルド号は北極圏突入を目指し北上します
翌日は大晦日、船上では様々な催し物が企画されていて今船旅の第一クライマックスです
外の景色はいよいよ厳寒のフィヨルドとなっていき、あの出現にも自ずと期待が膨らんできます


nice!(23)  コメント(8) 
共通テーマ:blog

肩肘張らずに [旅の抽斗]



3K8A4601-1.JPG


クルーズ船の旅と聞くと真っ先にドレスコードが頭に浮かび
堅苦しさや持ち込む荷物の心配やらでちょっと気後れしてしまうのも事実です
Hurtigrutenの船旅はカジュアルそのものでドレスコードは存在しません
アラカルト・レストランやバーもあるのでオシャレしている人はボチボチ見かけました


2019-2020 Norway-iPhone 019-1.JPG


客室が船尾に近い分エンジンが全開されるとそれなりの音と振動が伝わります
最初は何事かとベッドから飛び起きたものでしたが慣れとは恐ろしいもの
それと悪天候にも拘らず旅の大半をフィヨルド内航行する船の揺れはあまり感じません
時折外海に出たときは船が小さい分、部屋でピンボール状態となりましたがこれもいとおかし


3K8A4608-1.JPG


現地時間に合わせていつもの生活パターンで行動する二人はお楽しみの最初の食事へ
日常より1.5時間ほど遅い7時始まりの朝食ではありますが店内はまだガラガラです
でも東洋人はどこへ行ってもやっぱり早起きでした
日本人のツアーが乗船しており熟年夫婦やファミリーが船内で散見されましたが
ここはまだC国観光客の間では知れ渡っていないのかほぼゼロ状態でした


ノルウェイと言えばやっぱりサーモンなんですね
軽くスモークしたものを筆頭にソテーやムニエルなど数種類が並びます
サラダコーナーではあまり葉物を見かけることはありませんでしたが
ポテトを使った料理はこれでもかというくらい登場していましたので
さすがメジャー客に的を絞っているわと勝手な解釈もしてみます


3K8A4604-1.JPG


前号の地図にあるようにかなりの寄り道をしながらのクルーズでしたが
メイン処を除くとその他の港での停泊時間はたった10~15分というところです
接岸されるのは船の左側ですから右側の部屋に滞在した私たちには何をやっているかは不明
ちなみに飛行機も左側から乗降りするのは船に習っているからなのですよね


メイン処での停泊時間は2~3時間という設定でこの間エクスカーションと呼ばれる
引率者同行の様々なオプショナルツアーが用意されています
事前にネット予約しなかった場合は船のインフォメーション・センターで
専門スタッフの説明を聞きながら空きがあればその場でも申し込むことができます


3K8A4614-1.JPG


身体への負担でランク分けされたツアーには簡単な徒歩での町散策から
スノーモービルでオーロラ鑑賞や犬ぞり体験など割とハードなものまで揃っています
土地柄人気があるのはバイキングの生活体験や欧州最北端のノールカップ上陸などです
妻と私は運動不足解消に徒歩での個人探索に専念し冬の北極圏を楽しんでいました


一夜明けた乗船2日目最初の停泊地はアールヌーボーの町オーレスン(Alesund)
ここで下船し暫しの町探索を楽しもうと計画していたものの
激しい雨が降り続く天候のためあえなくギブアップで船内滞在でした
それでもポンチョを羽織って事前予約のグループは町へと消えていったのでした


3K8A4458-1.JPG


nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:blog

真冬の北極圏へ [旅の抽斗]



無題.png
出典:Hurtigruten 公式ホームページより



年末年始9連休をフルに利用しノルウェイのフィヨルドクルーズに参加しました
暖流の北大西洋海流の影響で真冬でも意外と温かい海岸地域を
16000tそこそこのコンパクト船で6泊7日かけ北上の旅するというものです


クルーズを催行するのはノルウェイで150年の歴史を誇る船会社Hurtigruten社
もともとフィヨルドの町々に物資や郵便を運ぶ役目でスタートし
現在では北米、南米、南極など冒険チックな船旅も提供するまでに発展してきました
たまたま国民的BS放送でこのクルーズを知った私は1年かけ企画に取り組みました


本来時間が許せば11泊12日の往復の旅を楽しめたのですが
日本からのアクセスを考慮すると片道が精一杯ということで
唯一希望の船室を確保することができた12月28日夜出航の北行きに決めました
船旅経験ゼロの妻と私ではありましたが香港での特訓が今でも生きる船酔い知らず
途中数か所の下船でのミニ観光も取り混ぜご紹介していきます


3K8A4467-1.JPG


クルーズ船の出発地はノルウェイ西南にある鉄道で有名なBergen(ベルゲン)の港
日本から行く場合は二通りでワン・ワールド派はヘルシンキ経由で
もう一方のスター・アライアンス派ならコペンハーゲン経由となります
私たちはJALで成田からヘルシンキまで飛びフィンエアに乗り継いでやってきました
チェックインした荷物は成田からベルゲンまでスルーで運んでくれるので楽ちんです


船の出発時間は午後10時、ヘルシンキからの便が欠航にでもならない限り
今回私たちのように同日中に乗船することが可能です
旅の時間に余裕がある方には情緒豊かなベルゲン観光をお勧めします
特にインターナショナル・乗り鉄にはベルゲン鉄道乗車は垂涎物に違いありません


2019-2020 Norway-iPhone 001-1.JPG


夕焼けが美しかったヘルシンキ・バンター空港から約2時間のベルゲン空港はなんと雨
雪ならまだしもなんでここで雨になるのか、地球温暖化現象体験談その1です
空港から港までの移動手段も二通りで船会社のチャーターバスか一般タクシー
物価がえげつなく高いノルウェイでもタクシー代は日本並みということで
チャーターバス乗車のためにできたこの日乗船する客の長蛇の列を尻目に
35分500クローネのタクシーに奮発することにしました


両替所がないベルゲン空港ですがキャッシュレス先進国ですからクレカでOKです
というより、日本円からクローネへの両替レートがクレカのレートよりかなり高いので
ノルウェイではクレカの利用を是非ともお勧めします
チップやバス代に少額くらいはという心配はご無用で基本チップは不要のお国柄です


2019-2020 Norway-iPhone 011-1.JPG


団体さんたちを置いてけぼりにしたので港の専用チェックイン・カウンターはがら空き
空港同様に大きい荷物はチェックインすれば後ほど部屋まで運んでくれます
また、船内での飲食や買い物そして乗下船の管理に使用する専用カードも発行してもらいます
クレカの登録を一緒にしておきますから乗船中現金は一切不要となります


入室可能となる午後6時ちょっと前でしたが部屋の用意は済んでるのでどうぞと
手荷物だけ持って半分エスカレーターの乗船タラップを使っていよいよ船内へ入ります
9階建て客船(一部車両スペースと貨物室あり)の8階が私たちの居住空間で
まだ人影まばらな船内の専用エレベーターで移動していきます


3K8A4605-1.JPG


乗船したこの日の夕食から専用ブッフェ・レストランの使用は可能だったのですが
移動中3食は遥かに超える飲食をしてきた二人はさすがにここは我慢でした
その代わり出港までの時間はこれも大奮発した客室で荷解きしながらリラックスです
出窓に叩きつけるような雨が降り続いていたのでかなりの揺れは覚悟することにしました


3K8A4485-1.JPG


TVでも紹介されてたとおりドイツ人にはかなりの人気があるこのクルーズ
ご近所さんもそれらしき老夫婦の旅行者が大半でした
大変長い1日の重みはグッと瞼にのしかかって出向時間の10時までにはすでに撃沈
0時過ぎに目が覚め窓へ近づくも船はまだ停泊したままでした


3K8A4515-1.JPG


結局1時前にようやく動き出したはよかったのですが最終目的地到着も遅れるのかと
寝不足の頭と身体には決して良くない心配事がここで発生してしまいました
というのも、下船する2時間後に満席状態の帰りの飛行機が出発する予定でした
一抹の不安もかき消せるくらい疲れて眠いはずの私の横で妻はすでに夢の途中
この辺りは翌朝早速スタッフに質問してみようということで浅い眠りについた私でした


nice!(19)  コメント(3) 
共通テーマ:blog

大波乱の幕開け [独り言の抽斗]



3K8A4464-1.JPG


ようやくBlogと向き合うことができるようになった今週末
大変遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


気を付けて行っといで、と元気に見送ってくれたという100まであと数歩の義父
肺炎にかかってしまい容体が急変したと連絡があった帰国の日の朝
妻が成田に着いた機上で私に開いて読んでくれないかと手渡すLine画面のスマホ
義妹からの訃報で間に合わなかったのかとふたり痛感と落胆


からで回る荷物ターンテーブルに私の名が記載された三角柱のオブジェ
名乗り出ると係員が荷物タグを見せてくれというので従うと
トランクが1個積み忘れられたので追っかけ成田へ後送し自宅まで届けるとのこと
生まれて初めての体験で道草を喰ってしまうがとにかく義父の元へと急ぐ


既に病院から葬儀社の霊安室へと移されていた義父との対面もそこそこに
年明け早々でごった返す葬儀社のロビーで担当者との打ち合わせに参加する
眠気も吹っ飛ぶ出来事だけに気もかなり張っていたのだろう
通夜・告別式の日程も無事決定して仕事始めにはきちんと顔を出すことができた


出勤2日目の昼頃から何やら変な咳がでたしたので手持ちのマスクを着用するも
その夜ついに高熱に襲われダウンし嫌な予感と共に翌朝一番で近所の医者へ
やめときゃイイものを葬儀準備に忙しい妻に迷惑をかけまいと車で出たのが大間違い
普段ではありえないバカげたミスを犯し医者到着前に愛車を少々傷つけてしまう


A型のお墨付きを医者から貰い冷たい雨のなか薬局で処方薬を購入して帰宅
そのままベッドへなだれ込み高熱と体の痛みも忘れて暫し爆睡の身となる
以降5日間は隔離生活となり葬儀には一切参列せずひたすら療養の時を過ごす
終盤さすがに腰が張りまくったのでトップリーグのメインどころを見倒すことにした


病み上がりの三連休明けから溜まった仕事やアポと会議を片っ端から片付けて
気が付けば少し短い1週間がアッという間に終わっていたがこれでやっとスタートライン
もう一つ痛手と言えば昨年縮小した部門に最後のひとりとして残ったスタッフが
来月いっぱいで会社を去っていくということだろうな、人生いろいろ


3K8A4394-1.JPG


ようやくカメラからPCへと移動させた旅の写真のチェックと現像はこれから
地球温暖化現象をマジマジと見せつけられた今回の旅で考えさせられる事は多かった
かくいうニッポンの冬も一体全体どうなっているのやらさっぱりわからない
地震も頻発しだして全くアラート鳴りっぱなしの子年なんじゃないのか


それでもやるっきゃないと身体をもとの状態へ戻す努力は惜しまないでおこう
インフルで失った3㎏は来月恒例の人間ドックを前にして不幸中の幸いな出来事
慌ただしい一年となるのは確実なので今一度気合を入れ直さなくてはいけない
やっぱり笑って終えたい一年だから


nice!(18)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

今年最後の記事です [あとがき]



004-1.jpg


年末年始で9日間の最長休みが取れそうなラッキー人が約37%
前年同期比微増の海外旅行者の渡航先は圧倒的に長距離の欧米だそうです
意外にも近場で伸びているのが日本発の韓国便だということですよ
国内では1泊2日の旅がどうやら主流のようです


約37%の中で妻と私2人も最長9連休で厳寒の北欧州方面へと向かいます
一年前から企画・手配していた旅、念願の一つが間もなく叶おうとしてます
羽田への移動が来年3月と決定したので最後となるであろう成田発着便を利用し
とある都市を経由して全く初めての国そして初めての街からその旅は始まります


002-1.jpg



この記事が予約投稿される頃には雲上人となっており、高い所から失礼します



2019年、後半の後半はRWCで大いに盛り上がり経済効果も予想以上のものでしたが
日本経済完全浮上にはほど遠く本当にパッとしない状況が続きます
でも、株式市場だけはなぜか元気でいよいよバブル崩壊後の最高値更新が射程圏内で
なんだかウナギのような掴みどころがない一年が終わろうとしています


今年一年、当拙Blogへお越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。
2020年の子年がさらにもっと良い年となりますよう北の最果てよりお祈りいたします

nice!(19)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

こんなことじゃ、いけないな [独り言の抽斗]



IMG_2085-1.jpg
拡張工事は大体完成



ズボラなblog投稿でむやみに記事本数を稼いでいてはいけない
総本数が992となってまもなく1000本達成となることに気付き反省です
とは言うものの写真素材の在庫が底をつき、新たな補充は年明けまで期待できず
時間的およびネット環境的窮状と併せてアップアップ状態には変わりありません


寒暖差の激しい冬となり、おまけに雨も多い温暖化現象下のニッポンですが
昼と夜の長さだけは毎年正確に変化してこの日曜日は冬至となりました
隣家が取り壊されて新しい家が2軒建ちその間から陽が差し込むようになった今冬
その恩恵を受けた我が家の柚子の木にはていつもより沢山の黄色い実が生りました


普段あまり湯船に浸かることのない我が家も1日限りの自家製柚子湯が開店しました
無病息災のバリアを身に擦り付けて大変則な今冬とインフルに立ち向かいます
ちなみに以前とある海外旅行添乗員さんから聞いた話ですが
もし宿泊先ホテルの部屋にバスタブが付いていないとわかれば
烈火のごときクレームの嵐が吹き荒れるそうで
大人しい日本人もこれだけは絶対譲れないということなのでしょうね


ちょっと大変な賑わいとなったイブの横浜、まさに恋人も濡れる街角と化し
仲良く手を繋いだ老若男女カップルと帰宅時にすれ違いました
声を嗄らしたケーキやチキン売り子のあのフレーズがビルの谷間に響き渡ります
明けて今宵は聖夜、近くの教会のミサにでも参加してみたい気分のあともうちょっとです


nice!(18)  コメント(6) 
共通テーマ:blog
前の10件 | -